Home

EE DENTAL_Blog

キーホルダー

引き出しを開けたら懐かしい物が出てきました。

boyaltuki.jpg

学生時代、クラウン(銀歯)の臨床実習中に

隠れて作っていたキーホルダー

  

歯を型取りする印象材で型を取り

そこにワックスを流して原型を作り

埋没後⇒鋳造

 

学生時代お金が無かったのでスターリングシルバーを

ハンズで買ってきて伊藤君とよく指輪やキーホルダーを作っていました。

 

懐かしい思い出です(笑)

腫れの原因は側枝×3 感染根管治療

患者さんの主訴の歯は10年前に一度虫歯の治療を行った

その後2~3日痛みが続き、その後からずっと腫れている。

  

近医の歯科医院に行き5月から根管治療を続けるも腫れ・膿が止まらない・・・

 

レントゲンを撮らせてもらうと

2017 EEdental HM 1(1).jpg

健康な歯が多いので小さな穴からアプローチしたようですが・・・

 

髄角部分の神経が全く取れていません(・Д・;)

この状態だと中長期的に歯の色が茶褐色に変色しやすくなってしまいます。

  

 

治療スタート

1回目にまず、虫歯残っている髄角部分の神経の処理を行い徹底的に消毒を行いました。

2017 EEdental HM 1(5).jpg

前歯をきちんと治療しようとすると、裏側はある程度削ることになります( ̄ー ̄;)

 

1回目の治療で歯の中を顕微鏡で見て確認して、

かなり綺麗にすることができました。

   

 

2週間後の治療2回目 

膿・腫れが治まっていません。。。(・Д・;)

 

たまにあることなので、

2回目の治療は削らず消毒メインで治療をすることに

  

歯の中を見ると歯の中にも膿が出ている状況

「ん~、原因が分からない」

 

診療後CTで色々な方向から見ていると

2017 EEdental HM 1(2).jpg

これか!

2017 EEdental HM 1(3).jpg

神経の横枝がから感染が外に出ている。。。

 

徹底的な超音波洗浄(キャビテーション・アコーステックストリーミング)で綺麗に処理出来なかったようです。 

 

治療3回目

2017 EEdental HM 1(4).jpg

CTで側枝の場所を計測して、その部分に超音波チップの先が当たるように加工・調整を行い側枝の切削を行いました。

 

「これでどうだ!」ヽ(゚Д゚≡゚Д゚)/

 

 

治療4回目:膿・腫れは止まっていません(>。<)

仕方がないので根管充填をして外科的歯内療法で残す方向に

外科的歯内療法⇒http://www.eedental.jp/surgery.html 

2017 EEdental HM 1(6).jpg

 

 

外科をしてみると

2017 EEdental HM 1(7).jpg

側枝・側枝・側枝

側枝(神経の枝)が3つ!

オレンジ色○の部分は前回のCTを見てアプローチした場所

根充剤(MTA)が半分まで入っていました。

赤色の側枝に関しては何も充填されていませんでした。

  

3つの穴を外から掃除してMTAで逆根管充填

 

レントゲンで確認

2017 EEdental HM 1(8).jpg

変色を防ぐためにMTAプラスで側枝を充填

(デンツプライのMTAに比べ造影性が弱い)

 

 

自分なりには綺麗に外科出来たと思います(・。・)ノ

 

さて、これで腫れ膿が止まり、骨が出来てくれるか!?

今後経過を見て行きます。

 

私見ですが、

今回のように長い間膿が出ていた歯は感染が歯全体に沁み渡ってしまい

通常の根管治療だけでは歯の保存ができない場合があります。

歯ぐきから膿が出ているような歯はあまり長期間放置しない方がいいでしょう。 

 

 

また、根管治療を受けて、3か月も腫れ・膿が止まらなければ

早い段階で歯内療法専門医を頼った方がいいと思います。

 

先生も膿の原因も分からないまま治療を続けるのは。。。(-`ω´-,,)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

下顎の全顎治療

下顎の全顎治療

2017 EEdental KK0.jpg

歯内療法:1本

セラミッククラウン:1本

プラスチック治療:9本

 

右下6はゴールドアンレーにしようか迷いましたが、

レジンで詰めれそうだったのでレジンで修復を行いました。

 

綺麗に治療できたかと思います!(^ー^)v

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

2018年2月25日 :「顕微鏡で見えるもの・できること」セミナー募集スタート!

2月25日 名古屋で講演をさせてもらいます。

 

顕微鏡で見えるもの・できること 最終案.pdf

sgpa.agm@gmail.com 

↑メールで問い合わせてくださいとのこと

 

あまり難しい内容にならないようにしますので、

顕微鏡を使用していない先生も興味がありましたら

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科治療「2Dのレントゲン(デンタル)と3Dレントゲン(CT)」 違いと特性 [根管治療編]

ここ最近、再根管治療(感染根管治療)の際にはCTを撮らせてもらっています。

 

理由は平面の2Dのレントゲンでは見えなかったものが見え治療方針の大きな参考になる為です。

 

こんな患者さんが今月来院されました。

6年前に神経を取り、3年経過した辺りから痛みが出始めた。

先生に見てもらうと、

「咬み合わせや・歯ぎしりによって痛みが出ることがある」

と言われ経過観察することに

 

今年に入り大きな痛みが出た為、近医で抗生剤をもらい薬で散らし

EEデンタルに

 

レントゲン(2D)を撮ってみると

2017 EEdental KM (0).jpg

近心根に病変があるように見えます。

   

次にCT(3D)を見てみると

2017 EEdental KMa  (1).jpg

「えぇ~~~!」というぐらい骨がなくなっています。

また3本ある根のウチの内側の太い根が大きな病変の原因になっているようです。

これは2Dのデンタルでは全く分かりません。

  

骨の欠損度合いを計測してみると

2017 EEdental KMa  (2).jpg

約15mm 親指の第一関節ぐらい骨が無くなっています。

 

2Dと3Dのレントゲンで何でこんなことが起こるのか!?

 

骨は2層構造で外側が骨の密度が高い「皮質骨」

その中の内側が骨の密度が低い「海綿骨」

分かれます。

 

2Dのレントゲンは皮質骨の吸収が起こると所見がはっきり出てくるのですが、

海綿骨が大きく減っていても、外側の皮質骨が吸が健康だと

レントゲンに病的所見が出てきにくいという特性があります。

2017 CT.jpg

 

  

今回のケースCTをパソコンで動かしながらよく見ると

2017 EEdental KMa  (3).jpg

病変が隣の5番の歯にまで達する大きさ。。。

 

病変が大きくなり長期間経過すると、隣の歯の神経まで死んでしまうことがあります。

http://eedental.jp/ee_diary/2014/07/post-992.html

こんな怖いことにも起こります。

(そんなに頻繁に起こる訳ではありませんので、安心を)  

 

 

治療方針を決める為次に5番の電気歯髄診査を行うと、

5番の神経生きていました。

 

6番の影響で5番の根の先の大切な部分の吸収が起こってきていますが、

まずは5番は触らず6番だけの根管治療をしようと方針を出しました。

 

歯科治療はまず診断です。

診断が間違えていては、いつまで経ってもゴールにたどり着けませんのでね。 

 

 

さて、今回の患者さん来週から治療をスタートします。 

経過はまたブログで! 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

今年最後のイカ釣りに

今年2回目のイカ釣りに、敦賀市の方へ

 

なぜか、敦賀市とは縁があり、 

敦賀市からEEデンタルの来られる患者さんが定期的におられます。 

  

敦賀市に行く度に

「ここからEEデンタルかぁ~、ド遠いね!!」(三河弁)

 

朝まずめを狙って 

2時に家を出て、5時半出港

IMG_2590.jpg 

*この日の日の出は6:15

 

明るくなり始めた6時前から竿を出して、

  

朝まずめのゴールデンタイム1時間経過

  

何も釣れません(・Д・;)  

 

 

7時過ぎにようやく

IMG_2600.jpg

1杯目

 

30分後

IMG_2604.jpg

2杯目

600gぐらいのいいサイズ!! 

 

こちらは1本目

IMG_2608.jpg

1杯釣ったので、すぐに祝杯を上げていました(笑)

 

このお父さんと二人で17杯(井野6杯・・・)

その他、カワハギ15匹 鯛2匹 

リリース 小アジ 海タナゴ(笑)

  

 

今年は2回しか行けませんでしたが、来年はイカ爆釣dayに当たりたいものです!

  

イカ釣り(ティップラン)は面白い!( ・з・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

骨ができるには時間がかかる

歯の中に起こった細菌感染

レントゲンで黒くなった部分は炎症で骨が無くなっています。

 

この無くなった骨

原因である歯の中のクリーニングを行い上手く行くと、

2017 EEdental OT2.jpg

徐々に骨が出来て来てくれます。

 

ただし、この骨の溶けた部分年単位で溶けていますので、

骨が完全に出来上がるのも年単位となります。

 

言わば、骨はゆっくり、ゆっくり出来上がります。

患者さんの中には治療後すぐに骨ができるイメージを持っている患者さんがいますが、

それは違いますのでね(p・Д・;)

 

一度感染した根の治療は非常に難しく、専門医でも全ての歯が残せる訳ではありません。

また再根管治療に関してはより高い専門性が求められますので、

もし歯を残されたかったら根管治療だけ専門医に頼るのも1つの選択肢だと思います。

 

今回久しぶりに来院されレントゲンを撮らせてもらいましたが、治ってくれて良かったです!ヾ(・∀・)ノ

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

新規初診患者さんへ

来年の1月の患者さん枠が定員枠となってしまった為

新規患者さんにつきましては2018年2月からとさせて頂きます。

 

初診で診察をしてからはおおよそ2週間後には治療枠が空いているようにしていますので、来院して頂いてから更に数カ月待って治療にはなりませんのでね。

  

偶然なのか、この2カ月で

予約をしようとしたら3カ月待ちだったので違う歯科医院で治療して

問題が解決できていないので、改めて3か月待って予約をして来院された方が3名おられました。。。

 

ウエイティングでご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。

 

 

初診患者さんの動向としては、

再初診の患者さんの治療希望(他の歯の治療をまたお願いしたい)も多くなってきており、

年々新規初診患者さんの枠が減ってきています。

2年前は1カ月に10~12名ぐらいの枠でしたが、現在は1カ月で7~8名の患者さん受け入れという状況となっております。 

 

今後、全顎治療希望の患者さん枠と、根管治療(1~2本)希望の患者さん枠を

分けて受け入れしてなるべく症状のある患者さんが困らないようにしたいと思います。

*根管治療後、他の歯の虫歯などはしばらく待ってもらいます。 

 

また、予約時にキャンセル待ち希望の患者さんにつきましては、予約時にキャンセル待ち希望と受付に伝えてください。

 

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

治療本数:4本

気になる下の歯の銀歯を治すと

2017EEdental TY1.jpg

プラスチック治療:4本

治療回数:2回 

 

こんな感じにレジンで即日修復を行うことも十分可能となりました。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

単発で急上昇するはなぜ!?

ちょっと前のことなのですが、

1日のビュー数が急激に上がりまして

2017 you tube (1).jpg

1日「9121」は最高記録

  

何でやねん!?

2017 you tube (2).jpg

いきなりビュー数が上がった動画はこちらでした。

 

このケースは自分でもかなり手ごたえがあった症例です。

普通のアプローチでは神経の治療⇒銀歯になるケースだったかと思います。  

 

 

どこでこの動画を見られているか付きとめることは、

私の能力では不可能でした。。。 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

購読
Powerd By

Return to page top