Home

EE DENTAL_Blog

口腔外科医 の歯根端切除 VS 歯内療法専門医 の外科的歯内療法

根尖病変(歯の先の膿)の原因は歯の中に入り込んだ細菌です。

教科書的にいえば、

1、長いポストの入った土台のあるもの

2、セラミッククラウンなどの高価な被せ物の入った歯

3、大きな病変のある歯

4、多数歯に連続するクラウン、ロングスパンのブリッジが入っている

などが外科的に根の病変を治療するというもの

 

ただ、私的にいえば 基準が古すぎる。。。

 

外科的に治す方法は最後の手段で、まずは歯の中の原因である細菌除去を試みないと・・・

 

 

根尖病変を治す為には「歯内療法」と『外科』の2つの手札、

最初に外科を選択すると次は抜歯で歯内療法には戻れません。

歯内療法を最初に選択すると、次は外科、それでダメなら抜歯

*トランプをする時に手札が2枚あり最初から最後の選択をするようなものです。

 

 

で、先の基準

1、長いポストでも顕微鏡さえあれば時間をかけ土台の除去は可能!

顕微鏡がなかった時代であれば長いポストの除去は不可能でしょうが、

今は顕微鏡があるので歯内療法専門医であれば大抵の土台は除去可能な時代

http://eedental.jp/ee_diary/2015/03/1-4.html

  

2、私は高価な被せ物といっても歯を残す為には被せ物を外す歯内療法を提案します。

例えば被せ物10万がある為に外科処置 ⇒ 失敗 ⇒ インプラント40万!(+更に造骨などの外科処置 10万)

歯の中のアプローチの歯内療法で治れば外科は必要ありません! 

  

3、大きな病変のある歯でも根管治療で治るものは治ってくれます。

http://eedental.jp/ee_diary/2018/05/post-1760.html 

大きな病変=「嚢胞」という判断ですがこれは完全に間違い!

根管治療で治らないとされる、嚢胞の割合は1割程度といわれていますから

私はまずは根管治療からスタートしますね。

 

4、ロングスパンのセラミックブリッジが入っている場合は・・・

これは考えてしまいますね。。。

 

  

一昔、二昔前は大きな病変がある⇒口腔外科で歯根端切除術

という流れでしたが、口腔外科で行っている病変を取って根の先を切る方法の

成功率はおおよそ50~60%と言われており2本に1本が抜歯となっています。

  

ただ、1990年に入り歯内療法専門医が行う歯根端切除術を改変した『外科的歯内療法』

http://www.eedental.jp/surgery.html 

この成功率は上手な先生では90%といわれています。

(個人的には80%ぐらいかなと思います。 あまり外科積極的にしない歯内療法専門医なので・・・)

 

先の根の先を切ってお終いの口腔外科に比べ、

歯内療法専門医が顕微鏡下で行う外科には成功率に大きな開きが出てしまっているのは事実です。

 

 

今回の患者さんは50代女性

過去に口腔外科で2本の歯根端切除手術を受けたとのこと

1年前から歯ぐきがブヨブヨするとのこと・・・

レントゲン

2019 EEdental SE (1).jpg

4・5・6のブリッジが入っており、5番の方に大きな病変・・・

6番も影はあるのですが、こちらは上手く行っていそう!?

 

個人的には外科前であれば確実にブリッジ外して通法の歯内療法していたであろうケース。。。

 

5番もスロープ状に根がカットされており、

患者さんに「駄目元で最後にもう一度外科やってみる!?」と話し

なんとか残せるのであればとのことで外科的歯内療法をトライ!

 

 

で、

 

外科後1年のレントゲン

2019 EEdental SE (2).jpg

 

歯ぐきのブヨブヨ感もなくなりかなり引き締まった歯ぐきに変わっていました。

2019 EEdental SE (3).jpg

 

なんとか保存できそうです!

 

実は現在の歯科は細分化されており、専門性が問われる分野が存在します。

その代表格が歯内療法専門医なのです。

 

ただ、世界的に有名な歯内療法専門医のブキャナン先生もおっしゃられていましたが、

歯内療法専門医といっても全員が有能な訳ではない。(つまりピンキリ)

 

私もキリの方にならないように精進したいと思います(p・Д・;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

手の感覚だけで削る奥歯の治療と問題点

最近、今年で45歳となり

歯科医師のピークを考え始めました。

  

個人的には歯科医師は

1、目の良さ

2、体力 / 気力

3、経験値

4、手先の器用さ

5、想像力 / 直感力

 

この中の最初の1、2は年々衰えて行きます。

歯科医師誰もが「老眼」というものに直面します。 

やはり、昔ほど見えなくなってきているのをここ1~2年で感じます。

 

また、体力の衰えもヒシヒシと海で感じます(・_ ・; )

  

 

特に気にしているのが「目」!

   

歯科は医科とことなり歯という立体物をさまざまな角度から削る為

見えないより見えた方が圧倒的にいいのですが、

現実は殆ど見えない所を感覚だけで削っているのが実情です。

  

その為に治療対象歯の隣の歯を削ったりだとか、根の側面に穴を開けたりだとか・・・

2019 kenbikyou.JPG

銀歯を入れた隣の歯が将来的に虫歯になるのはこの切削も関与していると思われます。 

 

多かれ少なかれ削ってしまいますが、

in.jpg

程度の問題もあるかと・・・

(歯科医師も技工士も気にならないのか!?気にしないのか!?) 

 

私はこれらのエラーを出来るだけ減らしたいので、なるべく顕微鏡の拡大視野でを行っております。

また、今までは裸眼で削っていた部分もなるべく顕微鏡を使用して削るようにし始めました。

(来る本格的な老眼の為です。)

 

歯ぐきの上の歯がこのように削られているのですから、

歯の中の根管治療ではこんなこともたまに起こります。

 

患者さんは40代女性

一度口の中を全体的に治しておきたいという患者さん。

 

術前

2019 EEdental NA1 (1).jpg

 近心根に根尖病変が見られます。

  

治療をスタートすると。。。

 いきなりパーフォレーション! 

2019 EEdental NA1 (3).jpg

 

根管の軸に比べ、前側にズレた部分を切削した為に起こったものです。

2019 EEdental NA1 (2).jpg

黄色い線が根管の軸

ポストを掘るにしても、顕微鏡下で見ながら行えばこのようなことは起こりません。

 

その後、通法の根管治療を行い

(近心根:MTA根管充填)

2019 EEdental NA1 (4).jpg

9カ月後には綺麗に病変が治ってくれたので、

これまた顕微鏡下で土台のマージン(縁)を整え、セラミッククラウンまで

 

真ん中の歯がセラミッククラウン

2019 EEdental NA1 (6).jpg

 

レントゲン

2019 EEdental NA1 (5).jpg

病変もなおり、セラミッククラウンも綺麗に適合しています。

 

クラウンを綺麗に適合させる為には、どれだけ土台の縁を綺麗に整えれるかです。

(これも顕微鏡があった方が圧倒的に良い!)

 

先日も1件ありましたが、

特に前歯の被せ物に段差があったりしてそこが磨けないと腫れてくることがあります。

http://eedental.jp/ee_diary/2014/09/post-1028.html

EEdental 2014a.jpg

↑こんなやつ

 

  

こういうケースは大体歯の支台歯(土台)の削り方がラフ!

DSC03093.jpg

クラウン除去後 マージンが一定ではない・・・

  

 

何にせよ、手の感覚で削る治療にはエラーが起こりやすいですし、

顕微鏡で治療するのは手間と時間と技術が必要になりますが、

もし私が治療を受けるのであれば顕微鏡はマストで使ってもらいたいですね!( ・ω・)ノ

(顕微鏡治療の多くは自費治療になりますが、やり直しの歯のダメージを考えれば1回の治療できちんと仕上げた方がいいと思います)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

休みのお知らせ

5月2,3,4,5,6,9,12,13,19,20,23,26,27日

6月2,3,6,9,10,15,16,17,23,24,30日

7月1,7,8,11,14,15,21,22,25,28日

となります。

*日・月曜日休み、また第2、第4木曜日はお休みとなります。 

 

10月の秋休みは

10月27日~11月4日まで

お正月休みは

12月29日~1月6日まで

となります。

 

よろしくお願いします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Skip Fry 爺ちゃんの板が来た!

昨年末に迷いに迷っていたSkip Flyサーフボード・・・

  

ニューエボの大滝さんに相談した所

「欲しかったらもうそろそろオーダーしないといつ引退するか分からないですよ」

とアドバイスをもらい

 

 

調べてみると御歳77歳  

 

確かにこれはオーダーしておかないと( ̄ロ ̄ ;)

(私なら確実に引退している年齢!)

 

で、カルホルニアのショップにオーダーすることにしました。

モデルはちょっと悩んで

やっぱりSkipさんにオーダーするなら・・・

 

「egg」でしょ!

  

エッグというジャンルを作り上げた人ですからね。

(と言うか、ここ5年ぐらい私はエッグしかのっていない(笑))

 

全然関係ないけど、最近はシュロスビーの板が調子がいい!

IMG_6725.JPG

20年近く前の板 この板もエッグ!

  

 

昨年の12月にオーダーを行い。  

 

待つこと4カ月 ブログ報告で

 

デッキ面

skip (4).jpg

おぉ~、ディケールが3つ

            (↑この人Skipさん 超重鎮!)

  

ボトム面

skip (5).jpg

どうやらシェープは終わったみたい

http://www.wavesforever.com/?page_id=36&paged=30 

 

 

で、待つこと更に1カ月巻きも終わり、 

 

今週になり「板出来ましたよ!」と連絡を頂きました。

skip (1).jpg

綺麗な好みの色です!

skip (2).jpg

元祖「egg !!!!!!!!!!!!!」

skip (3).jpg
でらカッコいいがや!

 

スキップさんのフィンの位置だいぶ後ろですね!

私は基本一番前目設定にするのですが、後ろの方がこの板はいいのかな!?

  

というか私FLYフィン持っていなかった。。。

http://www.wavesforever.com/?page_id=36&paged=7 

 

過去最高のGW10連休の影響で・・・

日本にはGW前に入ってきたのですが、宅配業者も休みということで

ようやく今週手元に届きました。

 

巻きもかなりしっかりしており、ずっしり感じる重量感!!!

シャープな感じのレールが「この板走るぜ!」と主張しており

なかなか良い雰囲気の板です!  

   

今EEデンタルに飾っているマッカラムの代わりにしばらく医院に飾ろうかな

http://eedental.jp/ee_diary/2018/06/post-1780.html 

と検討中!

 

 

しばらくは飾ってじっくり眺めます( @。@)  

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

歯科治療の統一治療費対する疑問

日本人の患者さんの多くは歯科に関しては、保険治療が一般的であり

『歯科治療費=全国統一価格』

と認識されていますが、

 

ただ、自費治療になると、白い詰め物でも

A歯科 4万円

B歯科 5万円

C歯科 7万円

と医療費に差が出てきますので、

 

「えっ、なんで同じ治療法なのに費用が違うの!?」

「じゃあ、安い歯医者でやるわよ!」

と思われる患者さんもおられます。

 

この場合安さ基準で歯科医院を選ばれている患者さんはOKですが、

実は歯科も他の業種と同じで、価格が違うように「質」にも違いがあります。 

(保険治療は同一のものという建前ですが、保険治療でも「雲泥の質の差」が存在します) 

 

 

例えば、私の好きなカレー

A商店 700円

B商店 1000円

C商店 1500円

と差があるのは極々あたりまえのことですよね。

 

でも、歯科と違ってお客さんもカレーといっても、出されるカレーは最初から違うとも認識できているはずです。

(ルーの色も味も辛さも量も違いがあっても別に疑問にも思いません)

 

Aさんは味的にB商店の味が好きだった!

Bさんはコスパ的にA商店のもので十分だった!

Cさんは落ち着いた雰囲気が味、接客、トータルでC商店が良かった!

というような感じになり、3人の意見も好みも異なることがあります。

 

歯科治療も同じです。

同じ治療法でも提供されるものには差があり、当然結果も異なります。

 

歯科の場合、白い見た目もさることながら、

・治療前の診査、診断

・詰め物の適合精度/精密さ、

・虫歯の取り残し量、

・犠牲とする健康な歯を削る量、

・トータルの専門性

などなどが挙げられます。

 

先日も、数年前に治療させてもらった患者さんで

メンテナンスに行った歯科医院で先生に「虫歯だから治療しましょう!」

患者さん:「えっ、えっ!?」

当院で診査(顕微鏡視診・レントゲン)した所、全く虫歯はなし歯に着色しやすい人でした。

『先生、レントゲン撮って説明してもらいましたか!?』

「いえ、レントゲンは撮っていません」

という出来事がありました。

 

個人的には最低限小さなレントゲンを撮り、説明は受けた方がいいと思いますね。

  

 

さてさて、私の第2の専門であるレジン(プラスチック) 

過去に自費治療で白い詰め物を作られたという患者さん

 

レントゲンを撮ると、詰め物に段差と虫歯。。。

これはやり直した方がいいですよと話をして、

   

「術前⇒術中⇒術後」

2019 EEdental TT.JPG 

同じレジンという材料で治しましたが、出来あがったものには違いがあります。

治療後患者さんも違いにビックリしていました(笑) 

  

 

もし自費治療で歯科治療を受けるのであれば、

・その先生がどんな治療が得意か知っておく。

(インプラントが得意な先生に根管治療を依頼しても殆どミスマッチです)

・似たような治療の症例写真をみせてもらう。

  

後、個人的には

安い自費治療を受けるぐらいなら保険治療で治療を受けた方がいいと思います。

治療費の傾向として、「治療費が高い=先生の自信度が高い」といえます。

 

が、

 

『治療費が高い=成功率が高い』 にはなりません。← ここ大事!

 

以上、先の2点は抑えておいた方がいいと思いますよ(  ̄ー ̄ )ノ 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

続・膿の止まらない根管治療

【歯内療法専門医】膿の止まらない根管治療

http://eedental.jp/ee_diary/2018/11/post-1832.html 

 

外科後1年ということでレントゲンを撮らせてもらいました。

 

レントゲン

2019 EEdental HT.jpg

骨もしっかり出来ているのが確認できます。

今は腫れや痛みもなく生活に支障ないとのこと。

 

かなり大きな病変でしたがなんとか保存できる雰囲気がでてきました!( ・ω・)ノ

 

 

数日前に上げたブログもそうですが、病変の大きなものは『根管治療+外科的歯内療法』

をセットで行わないと歯の保存が出来ないケースもあります。

http://eedental.jp/ee_diary/2019/04/post-1908.html 

 

GW後の疲れた時に出る違和感の大きな歯や歯ぐきから膿の出る歯

一度歯科医院で見てもらった方がいいですよ。

根尖病変は疲れた後によく症状を出しますからね!ヾ( ̄∇ ̄;)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

GWのお休み

GWのお休みですが、

4月27~29日

5月2~6日 までお休みを頂きます。

*4月30日、5月1日は診療の方を行います。

  

お休み期間中のメール・電話の返信は診療日に行なわせて頂きます。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

続・中心結節が折れた!

令和初日 

 

朝から海に行くも・・・

ほぼクローズで入れませんでした。。。。 

 

今日は諦めて、仕事をします。

 

以前の「中心結節が折れたことによる歯髄壊死(歯髄感染)」

http://eedental.jp/ee_diary/2018/08/post-1808.html 

 

術前時

2019 EEdental M (1).jpg

歯ぐきから膿が出てくる状態

レントゲンを撮るも所見が分からづらいので

CBCTで診断

2019 EEdental M (2).jpg

第2小臼歯の病変が大きくなり過ぎて隣の歯にも影響が出ており

第1小臼歯の電気歯髄診断でもかなり弱い数値に・・・ 

 

 

まずは第2小臼歯

2019 EEdental M (4).jpg

2mm程度削り根管治療

 

この後、この穴は

2019 EEdental M (5).jpg

レジンで埋めてしまいます。

 

 

で、

 

1年後

2019 EEdental M (7).jpg

歯根膜の透過像も綺麗に歯根により添いびっちり骨が出来てくれました!

手前の第1小臼歯の電気歯髄診断値も正常に戻り神経を取らずに済みました。

   
歯ぐきも

2019 EEdental M (6).jpg

綺麗に収まってくれています。

  

以上、経過報告でした(・ ω・)ノ

 

 

似たような、中心結節が折れてしまい感染したケース

http://eedental.jp/ee_diary/2019/01/post-1854.html 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

大きな根尖病変 『根管治療+外科的歯内療法』併用

膿の出続ける大きな根尖病変 『根管治療+外科的歯内療法』

http://eedental.jp/ee_diary/2018/01/post-1709.html 

術前

2019 EEdenntal HM (2).jpg

下歯槽神経まで達するかなり大きな病変

 
一般的には口腔外科で入院+抜歯・病変摘出手術

 

とはなるのですが、

 

根管由来の病変であれば、歯内療法専門医は

「治る可能性も多少あるから一度根管治療してみますか!?」

    

今回のケース病変も大きくて外科した際にマヒなどのリスクもあるので、

根管治療で治ればよかったのですが・・・

   

患者さんもなるべく手術はしたくないとのことで、

根管治療するものの病変が大きく膿が止まらない。。。

  

 

患者さんに「当院(EEデンタル)で外科的歯内療法します」

と話

外科的歯内療法を行いました。

http://www.eedental.jp/surgery.html 

  

外科後1年半

2019 EEdenntal HM (0).jpg

かなりしっかりと骨が出来てくれ、術前・術後しばらくあった痛みも無くなりました。

 

こんな感じで病変が大きくても歯内療法専門医にかかれ歯を残すことが可能な場合があります。

 

まぁ、治ってくれたのはたまたまですが、患者さんにも喜んでもらえてよかったです!( ^ー^)

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

レジンの弱点である銀歯を作る為のスライスカット

毎日レジン治療をしていますが、

イメージ的に大体5%ぐらいの確率で割れてきます。

 

一応、EEデンタル

レジンが割れた場合には5年の保障をつけていますので、

来院時にささっと治してしまいますが、なかでも割れやすいのが

スライスカットが施してある歯!!!

 

多くの人のかみ合わせは「カスプトゥリッジ」というかみ合わせで

特に上の小臼歯は下の小臼歯の咬頭(歯の山)が歯と歯のレジンを詰めた場所に

ゴツンと咬んできます。

 

すると・・・

2019 EEdental KY1 (3).jpg

こんな感じで歯と歯の間のレジンが取れてくることがあります。

  

この歯も最初

2019 EEdental KY1 (4).jpg

銀歯が入っており、取れた部分には全く虫歯がないのに

スライスカット入りの銀歯が入っていました。

  

ここの部分にもし虫歯があれば、「虫歯部分をボックス状に削る+スライスカット」

という形態なのですが・・・

 

なぜか取れた所はスライスカットのみ!

言わば健康な歯のサポートがない為、雪崩を起こすようにレジンが歯ぐき方向に落ち込みます。

  

今回の歯も再び雪崩のように落ち込まないように、

便宜形態として、少しボックス状に健康な歯を削らせてもらい

 

30分後

2019 EEdental KY1 (5).jpg

レジンを充填しました!

 

歯と歯の間の虫歯は大人に多く、その多くはクラックカリエスです。

クラックカリエス⇒歯にヒビが入りそこから感染し虫歯が広がる

天然の歯にヒビが入るぐらいですから、かみ合わせによりプラスチックが負けてしまうことは・・・

 

十分あり得ます。

 

患者さんにも、「こういう風に削られてしまうと取れやすいからね」と説明させてもらっていますが、

もし歯と歯の間に虫歯が出来た場合は、銀歯でなくレジンで必要最低限削る方法をお勧めします!

  

患者さんにも同じような説明すると、

多くの人が「知識があれば最初からレジンを選んでいた」と答えられます。

 

自分の歯で長く咬みたければ、歯は出来るだけ削らない方がいいですよ。

 

歯科治療と言っても人工物で置き換えしているだけで、10年もすればまた同じ歯に問題が出てやり直しになりますから、

なるべく削らず、傷を小さいように治すのが自分の歯を長持ちさせるポイントです!ヾ( ̄∇ ̄ )

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

購読
Powerd By

Return to page top