Home

EE DENTAL_Blog

12月講演動画作成中

頂いた質問にもあった、私が虫歯除去に用いる道具説明用の動画を作ってみました。

先日のこのケースです。

http://eedental.jp/ee_diary/2020/10/post-2134.html 

 

使用道具一覧

虫歯除去 (1).jpg

 

虫歯除去 (2).jpg

C2のカリエス除去にはこれらの道具を使用しております。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お休みありがとうございました。

今日から通常診療に戻ります。

電話・メールの返信も午前中には行います。

 

そう言えば、玄関先のオリーブも色づき始めました。

IMG_2389a.jpg

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

来週はお休みとなります。

秋休みを

10月11日~19日まで頂きます。

 

メール・留守電の返信はお休み明けとさせて頂きます。

   

  

なお、新規初診患者さんですが、現在のご予約は11月からとなります。

また、12月は現在治療中の患者さん枠にしたいので、

12月は新規初診患者さんの受け入れを「なし」とさせて頂きます。

  

歯科あるあるなんですが、12月になると年内に治したいという患者さんが増えますが、

1カ月で治せることは殆どありませんので12月駆け込み治療はしない方がいいですよ。

10代の虫歯は要注意!若い患者さんの虫歯

以前、治療させていただいた患者さんの息子さん

15歳男性

近医で虫歯があると指摘され来院

症状は「アイスを食べるとしみる」

 

レントゲンを撮ると

2020 EEdental KoT  (1).jpg

結構大きな虫歯が・・・

大人の虫歯の所見とは違い虫歯のグラデーションが分かりにくい・・・

 

 

口腔内はを見ると

2020 EEdental KoT  (2).jpg

この黒い点が虫歯の入り口と思われる。

(すみません顕微鏡画像で・・・)

 

う蝕検知液で染めながら虫歯を確認&除去

2020 EEdental KoT  (3).jpg

*緑っぽく染まっている部分が虫歯

どんどん深く大きくなる。。。

 

エキスカ、EENOスフィア・EENOボールを使いできるだけエナメル質を残す為

入り口小さく中で広げる切削をして虫歯除去を行いました。

http://www.nishikibe.co.jp/blog/eenoball

  

若い人の虫歯は進行が早くレントゲンで確認した以上に広がります。

  

う蝕検知液が殆ど染まらなくなる所まで虫歯を取り切り

2020 EEdental KoT  (4).jpg

レジン充填 

術後レントゲン

2020 EEdental KoT  (5).jpg

幸い遠心よりの虫歯だったので露髄せずに済みましたが、これが近心側に虫歯があったら・・・

確実に露髄していたでしょうね(  ̄ Д  ̄;)

 

 

個人的な見解ですが、無菌的なアプローチをせずに行う10代の根管治療歯は非常に予後が悪いです

正直一生持たせるのはかなり難しいと推測します。

 

ですので、10代でできた虫歯はなるべく神経を残せるようにアプローチした方がいいと思います。

ただ、若い人の虫歯治療は難しい。。。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

根管治療前のレントゲンから読み取る読影能力

レントゲンを撮ると何が分かると思いますか!?

 

私が患者さんに説明しているのは、

「レントゲンは金属の濃淡を表している白黒画像で、その白黒画像から術者が何を読み取るか!?」

「つまり、数値化で分かるデーターではなく想像力を働かせて読み取るものなのです」

  

ですから、同じレントゲンを見ても経験の浅い先生と専門分野の先生では読み取り方(診断)も大きく変わる場合があります。

 

またレントゲンは機種などにもより、鮮鋭度が変わります。

写真はできるだけ綺麗な方が見やすいです。(ピンボケでは細かい部分は分かりませんよね!?)

 

 

患者さんは40代女性

初診時にレントゲンを撮ると見にくいですが大きな病変のようなものを確認

2020 EEdental NaT (0).jpg

以前の治療で「折れているかも!?」と言われたとのこと。

 

そういう歯は着手 ⇒ ごめんなさいこの歯は抜歯です。 になりかねないので

他の悪い歯の治療を優先させ、この歯は症状が出たら着手しようと計画

  

 

半年後・・・

 

痛みが出てしまい、治療を希望された為治療スタート

2020 EEdental NaT (1).jpg

ちょっと病変が大きくなっているかも・・・

 

何より上顎洞底線の連続性がない

2020 EEdental NaT (2).jpg

病変が上顎洞を押し上げている可能性が高い。

ただ、病変の全容が殆ど分からない(上顎洞などに接しているような場合は病変が見にくいです)

 

とりあえずCBCTで解析

2020 EEdental NaT (0) (1).jpg

シュナイダー膜が頑張っているのか、上顎洞炎にはなっていない様子 

 

次に冠状断で見てみると、

2020 EEdental NaT (0) (2).jpg

どうやらMB根が根尖病変の原因らしい! 

太くて長いメタルが入っています。

(個人的には、クラックの疑いがあればレジン系コアの方がベターだと思うのですが・・・)

  

一度きとんと根管を探し

2020 EEdental NaT (3).jpg 

2回目には症状が治まったことより2回目に根管充填!

MB根穿通は出来ませんでしたが、手づかずで汚れたいた「フィン」部分を徹底的に清掃

  

3か月後

2020 EEdental NaT (4).jpg

根尖病変に治癒傾向が現れ、上顎洞底線も下に下がってきてくれています。

*白い線に変化があります。

治ってきてくれてよかった! 

 

 

根の治療はレントゲンから読み取る能力も結果には影響を及ぼします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

凄くマイナーな縁下カリエス(歯茎の下の虫歯)の治し方

患者さんは40代女性 右上の歯を主訴に来院 

 

話を聞くと2003年頃に3Mix+レジン治療を行った。

その後、転居し歯科医院が何件か変わり

そこで「神経が死んでいるので治療した方がいい」や、「神経は大丈夫」と意見が分かれる。

  

昨年レジンが割れた為にメタルインレーを入れ修復を行ったが、治療後から

咬んだ時に痛みが出る、夕方になると痛みが出る、フロスが引っかかるようになったとのこと

  

レントゲンを撮ると

2020 eEdental TM (1).jpg

根の先には病変が見られ、銀歯が歯肉縁下深くで大きな段差(歯茎に刺さったような状況)

3Mixの痕か中が空洞のような所見。。。

 

ん~、たぶん普通の虫歯だったものが医療行為によりかなり治療が難しい状況に。。。

レントゲンでは難易度がメチャ高い状態になってしまっています。   

 

 

最近よく見るのですが、なぜインレーを歯茎深く入れるのか・・・

(そういうケースの多くは不適合) 

  

また3Mixの痕も更に歯茎の下、骨の付近まで中に削っています。

(パフォっているような・・・)

 

 

患者さんには根尖病変があるので、まず①根管治療はした方がいいこと

教科書的に言えば、根管治療後に②小矯正(引っ張り出す)、③APF(歯肉弁根尖側移動術:外科治療)④クラウン治療

どう安く見積もっても1本の歯の治療費40万以上

*高め設定の歯科医院では50万ぐらいするのでインプラントを勧められてもおかしくありません。

     

またここまでしても元の状態に戻る訳ではなく、

引っ張り上げ、骨の削除を行なえば支持骨は減り歯の動揺が出てくる。

歯茎のラインが変わり、歯間乳頭が無くなるので物が詰まりやすくなる。

 

逆にいえば、4つの治療全て上手く行かなくては成功には辿り着けません。 

 

自分的に言えばフルコンボ治療は・・・

  

自分の歯ならやらない!(p・Д・;)

詳しくは「歯肉弁根尖側移動術」をやらなくなって早10年

http://eedental.jp/ee_diary/2020/02/post-1794.html

 

 

患者さんには私がやるなら「外科的レジン+歯内療法+クラウン」と説明させてもらいました。

 

  

ただ一般的な術式ではないので、心配であれば他の医療機関でも相談した方がいいと説明し初診終了

*基本的に、その場ですぐに治療の意思を表さなくてもいいです。

**ただ、診察後3か月以上経過すると病態が変わり最初に提示した治療が出来なくなることがありますので、あまり考えすぎず後手の治療にならないように注意は必要です。  

  

今回はEEデンタルで治療を行うとのことで、1回法で治療スタート

当初、残る健康な歯が少ないと判断していたので仮歯も準備してクラウン予定でしたが、

虫歯をきちんと削ると、何とかレジンで行けそう!

 

患者さんにレジンで治療していいか確認して⇒OKとのこと

術前 ⇒ 術後 

2020 eEdental TM (2).jpg

本来の歯のように、歯根のカウンターと歯冠のカウンターを変えてみました。 

*嘘です、マグレで綺麗に出来ただけです(笑)

インレー⇒レジン 

2020 eEdental TM (3).jpg

 

この後レントゲンで経過観察を行い根の先の病変が治ってきてくれるか経過をみます。

 

 

EEデンタルのスタンスですが、

「必要最低限なシンプルな治療」の方がいいと考えています。

  

とはいえ、

今回の処置はかなりイレギュラーな治療法なので殆どオリジナルに近いかも・・・(>。<;)

 

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お休みと新規初診患者さんお知らせ

毎年恒例の秋休みを

10月11日~19日まで頂きます。

 

お正月休みは

12月26日~1月4日まで頂きます。

 

メール・留守電の返信はお休み明けとさせて頂きます。

  

  

なお、新規初診患者さんですが、現在待ちはありませんが

予約状況によっては、もしかしたら12月は新規初診患者さんの受け入れが出来なくなる可能性があります。

 

よろしくお願いします。

たまにある一度引き抜くと、使えなくなるファイル

歯の中の神経管は複雑で、特に奥歯などは上顎洞や下歯槽管の関係で

根が非常に湾曲することもあります。

 

廃棄ファイルの中にこんなファイルがあった

(以前、抜去歯で練習した際のファイル)

DSC04933.jpg

中にはこんならせん状の神経管もあります。

 

神経の形態の複雑さは再根管治療の難易度を上げている1つの要因です。

また臨床上、このような根管形態は道具の限界で根の先まで綺麗にすることは不可能かと思います。

 

奥が深いね!根管治療!!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

見えない奥歯の虫歯治療

患者さんの大多数は

・歯科医師の治療=虫歯を完全に取っている

・詰め物は段差のない状態が当たり前

と思われていると思います。

 

 

ただ・・・

 

歯科治療ってこの2つをきちんとやるのは相当な手間と技術がかかります。

 

先日のケース 上の奥歯に銀が入っているのですが、

2020 EEdental KR1 (1).jpg

銀は浮いており、遠心側は全然あっていない状態・・・ 

今のレジン系セメントは優秀で、簡単には外れません。

  

ただ、患者さんは見えなく痛みもない為 全く気にされていません。

 

正直、こういった治療は上下の第2大臼歯に多く見られます。

 

レントゲンを撮ると

2020 EEdental KR1 (2).jpg

銀歯の下はかなり大きな虫歯 ⇒「たぶん虫歯の取り残し」が見られます。

  

厳しめの言い方をすれば、

前回の治療は治療の意味あったんでしょうか・・・

  

患者さんに顕微鏡画像などで説明を行い、治療をやり直すことに

 

すると、かなり大きな虫歯があり、かなり神経付近まで削ることとなりました。

2020 EEdental KR1 (3).jpg

麻酔をしっかりした後に、

何度も検知液で染め、虫歯の除去に30分

その後レジン充填

2020 EEdental KR1 (4).jpg 

アンレータイプの修復物でしたが、

非機能咬頭でこの部分に咬合がなかった為レジンで行けると判断

 

きちんとした治療を希望されるのであれば、

奥歯の虫歯治療には顕微鏡・拡大鏡などの拡大ツールはあった方がベターだと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ヤフオクに

昨日、朝一で海に行くもあまり波がよくない為

 

バナゴン内の第2院長室で12月の講演スライド作りをやっており

資料をあまり持ってこなかった為、ネットで検索をしていると

 

こんなものを見つけた。 

IMG_2072.jpg

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b501476378

 

発見した時はビックリした(笑)

 

 

でも、売れるのか!?

追記:落札されとるがな! 

ウォッチリストに入れている人いますが、 

錦部製作所に言えばDVDくれますよ。

http://www.nishikibe.co.jp/seihin/kavo/ 

 

   

講演やセミナーなどでたまに出す、

使用動画DVDはさすがにレアなのでヤフオク出ないかな・・・ 

 

12月の講演も何かお持ち帰り特典用意します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

購読
Powerd By

Return to page top